お知らせ

去年は抽選にもれ、毎年参加していた伊良湖に行く事ができなかったが、今年も1回目の抽選では「残念ですが・・・」の連絡であきらめたところ、2回目の抽選で当確となりセーフ。真夏のバイク・ランもそこそこトレーニングして大会に参加できた。

今回は一人での前泊参加となり、宿はいつもの豪華な夕食が出る所に泊まる事にした。

早くついたのでまだ受付準備が出来ていなく、少し待ってバイクチェックと受付けを済まし宿に入ったが、相部屋の3人はまだ来ておらず、場所の確保と準備をしていると名古屋と大阪の相部屋人が来て、カーボパーティーも一緒に参加したが、天気予報どうり途中から雨。

宿に戻って夕食を済ませたころから本降りとなり、花火大会も宿の窓越しに見ることとなった。

大会当日目が覚めて窓を開けたら、道路が乾いていて予報がはずれ好天の予感。

朝食後バイクセットに行くと、バイクラック周辺はまだ砂地がぐちゃぐちゃでバイクシューズ類もビニールシートを置かないと泥まみれ状態、でも天気は暑くなりそう。

スイム・・・今年から大幅変更となりスタート時間を遅くし、コースも今までと逆コースとなった。砂浜からスタートして50m付近まで遠浅の為海を走りやっと泳ぎ始めて、1回浜に上がり2周回するが、流れもなくいい感じに泳げた。

バイク・・・ここもコースが変わったが相変わらず、何箇所か狭いところがある周回コースで、途中からBタイプのメンバーが走り始めると、ところどころに集団走行が見られるようになった。

ラン・・・このころから本格的に真夏の天気となり、途中エイドでは水分補給をこまめに取り、折り返しを目指し走るが、比較的いいペースで走れ順位を上げて最後の坂道へ入った時、ほとんど周りが歩き始めたが、粘って歩かず上っていたら後ろから抜かれ、見たら自分より若そうだったので、まあいいかと追わずにそのままゴール。

ゴール後に、抜かれた若いのが握手をしに来たのでお互いの健闘をたたえたが、聞いたら折り返し後抜かれた為、派手なピンクのチームウエアの後ろにデザインされている富士山を目印についていこうと追いかけてきたそうで、マークされたようだった。

 ゴール後はアサリ汁を堪能し、宿で風呂に入り順位も見ずに帰ったが、ネットで順位が判明したところ、60代でトップだったのでびっくり。ランですれ違う時、ナンバーで年代が分かったが、50代と60代のナンバーが続いていたので、良くわからず後から年代別1位の表彰状が、完走証と送られてきました。(それだけでした)

S・40:35 B・1:58:38 R・1:51:53     4:31:06